上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は,横須賀シーサイドマラソンでハーフ走ってきました。


結論から言うと、3分自己記録更新の

グロス 1時間45分04秒
ネット 1時間44分34秒

スクリーンショット(2010-11-21 22.26.06)


でした。目標は、グロスで1時間45分切りでしたが、
非常に達成感があるレースでした。

それは、前回の手賀沼エコマラソンで反省して練習、準備したポイントが活かされたレースだったから。

手賀沼では、

最初は温存して後半ペースアップするレースの組み立てはできたのですが、

スタート後、調子が出るまで時間をかけすぎているのではないか?と考え、

今回は、スタート前のアップで短時間で、疲れない程度にゆるく
股関節が柔らかくなり
全身の毛細血管が開く
ようにアップしました。

そしてスタート後から5分/km近くのペースで走り始めました。

これは、実験です。今回これで後半脚が持たなくなったら、
それが実力。トレーニングで脚作ればいいと。
でもこの2週間ビルドアップ練習してきたので、成果を見たかったのもあります。

それとスタート場所も、ゴール予想時間別に立つ位置を選ぶんですが、
いつもは目標時間通りに立っていましたが、
今回は少し早いグループの場所に立ち、スタートでのロスタイムを減らすことも試みました。

そしてアップはスムーズに、ゴール後も横須賀の海岸線を見ながら気持よく5km通過
平均5分/km切っているペースで脚も呼吸も順調でした。

10km過ぎにアップダウンがありましたが。折り返し地点までもペースは5分/kmを切ったペース
脚は、まだもっています。このアップダウンが折り返し後再度来ますが、まだイーブンペース行けてます。

15km過ぎてペースアップするつもりでしたが、ペースは5分/km切っているので
ペースアップしたつもりでも、結果ペース維持でした。

残り3km過ぎたあたりから、今回はすべてを出し切る走りをしようと思っていたので、
心拍をさらに上げてもがきました。あと数百メートルのところでタイム表示があり、
1時間44分40秒と目に入り、1時間45分切るんだと!さらにペースアップしてゴールでした。

わずか4秒で1時間45分切れませんでしたが、とても満足なレースでした。

ここでわかったのは、

スタート後のペース展開をスムーズに → アップを工夫。疲れないで身体が動くように

次のレース展開を想定した練習をすること→ペースアップの練習をした

目標タイムを明確に意識して挑む→そのタイム目指してさらに頑張れる

後半ペースアップの組み立てを明確にもっていた → 結果ペースアップにならなくてもペースダウンにはならずイーブンを維持した。

これだけでもレース結果が大きく変わりました。

今回も切り餅事前栄養補給作戦成功でした。応援は比較的少ない大会でしたが、今回は本当に集中して走っていたので、少なくともネガティブなことは考えなかった、1時間45分は短く感じました。

坂で一度苦しくなりましたが、今走れている自分に喜びを思い出したら乗り切れました。
そうネガティブな考えは全くなかった、まだいけるまだ行けると走っていたのもよかった。

反省をもとに練習、準備して、
その成果が出たレース。とても達成感を感じています。

次のレースは、2週間後の第6回はだの丹沢水無川マラソン ハーフです。
今週末から行くアメリカ出張帰国2日後なので、その間のトレーニングと体調調整が課題です。












スポンサーサイト
2010.11.21 Sun l Run l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yazzzz.blog48.fc2.com/tb.php/131-b02cef00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。