上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今月入ってからプール行った後は、
鼻水だらだら、くしゃみがすごい

ググったら塩素のアレルギー性鼻炎だそう

本当にひどくてプール行った翌日いっぱいくらいまで続きます。

こんな症状をこれから背負いたくないので
今日はいろいろ試してみました。
なんと!効果ありました。

ジムのプール行って帰ってきてから
鼻水、くしゃみが全くない!
治った訳じゃないけど、予防処置が効果あったのかもしれない

その方法です。

① プールに入る前にアレルギー性鼻炎用の噴霧薬を使う

泳ぐ前に、ジムの更衣室で鼻にアレルギー性鼻炎用の噴霧薬をスプレーしておきました。ネットでこれが効果があったとあったので。使ったアレルギー性鼻炎用の噴霧薬は、(株)雪の元本店のアゼットノーズというので、マツキヨの花粉症対策コーナーで特売であったものです。主成分がナファゾリン塩酸塩、クロルフェラミニンマイレン酸塩、リドカインです。他の有名製薬会社のものも主成分は同じだったので特売品を買いました。

② 泳ぎ終わったらすぐに鼻を洗う

プールサイドに目を洗う洗面台がありました。蛇口が二股になっていてるのがついていて、おそらく目を洗うためのものだと思うけど、ちょうど両鼻口にちょろちょろっと水が入ります。そんなに痛くないので20秒くらい洗いました。

③ プールの出入り口にあるシャワーでも鼻と喉を洗う

プールを出るときのシャワーで身体を洗い、鼻の中も洗いました。シャワーのぬるま湯を鼻の口にかけます。特に痛くも、むせもしませんでした。喉にも鼻水が流れてくるので、シャワーの水で喉をうがいして鼻、喉に塩素が残らないようにと念を入れました。

④ 最後の仕上げで鼻うがい液で鼻洗浄

最後の仕上げで着替えが終わったら、更衣室の洗面台で鼻うがい液で洗浄しました。加えて鼻炎スプレーもと思いましたが、できるだけケミカルな薬は減らしたいので使いませんでした。

ひょっとしたら泳ぐ前の鼻炎スプレーも不要かもしれません。次回は、鼻炎スプレーなしで洗浄のみで試してみるつもりです。

以上から見ると、泳いだ直後にできるだけ早く鼻と喉を洗浄するのが効果があるようです。対処できそうで一安心です。
スポンサーサイト
2011.04.23 Sat l Swim l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yazzzz.blog48.fc2.com/tb.php/166-10360ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。