上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

RunKeeperのサイトで自分の走行データを見ていたら、

あれ?Add Heart Rateって書いてある。


スクリーンショット(2010-02-05 15.01.41).png

なにげにクリックしてみると

Upload Your Heart Rate File

We currently only support Polar heart rate hrm formated files. If you used a polar device during this activity, download your heart rate from the device to the Polar software. A hrm file will be created for that activity in Polar folder on your computer.

Upload your Polar Heart Rate Monitor export file from this activity.


スクリーンショット(2010-02-05 14.55.58).png

などと書いてある。なんとPolarなら心拍データ取り込めるんだ!とびっくり。以前よりRunKeeperは、心拍データ取り込めないのが唯一の不満だった。今はGarmin Forerunner 45を使っていますが、その前に使っていたPolar RS800を引っ張り出してきた。

ラン後に心拍データを赤外線経由でRS800からWindowsに転送。RunKeeperサイトに行き目的のランデータを選択。さっきのでAdd Heart Rateをクリックして、ProgramFolder/Polarからhrm拡張子の付いたファイルを選択するとデータが転送されてグラフが表示されます。


スクリーンショット(2010-02-05 14.56.25).png

ペースグラフの下に心拍数の推移が表示されてなかなかよいです。ただグラフのメモリが読みにくいので、平均心拍数や最高心拍数が読めないのが残念。RunKeeperにメールを出して、その表示がされるように依頼出しました。

以前は、iPhoneに心拍データをBluetoothで飛ばしてRunKeeperが直接読み込むインターフェースボックスと新機能が出ないかなぁと思っていたけど、これでいいじゃない。

練習、レース中にPolarで心拍見る癖は付いているし、ラップ、時間見るのにいずれにせよ腕時計が必要だから。iPhoneバッテリ切れとかでだめになってもPolarでGPSデータは取れないけど最低の走行データ撮れるしね.

これでランで身につけるシステム落ち着きそう。

スポンサーサイト
2010.02.05 Fri l iPhone l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。