上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

今年のスポーツの目標達成のために、2つのことに取り組み始めました。

その2つは、

1. 3月28日のかすみがうらマラソンに向けてChirunningメソッドによるトレーニングプログラムで準備をして4時間10分を達成する

2. 年内に7月4日の国立昭和公園のトライアスロン(750mスイム、20kmバイク、5kmラン)のデビュー(無茶承知(^_^;))

そのための方法は、

1. Chirunningメソッドの習得、トレーニングプログラムの手法を理解して実施する

2. トライアスロン参加のために一番書欠けているスキル、クロールを750m泳げて、その後バイクとランの体力が温存できるスイムの体得を筋水館さんのコーチングで実現する。

両方ともとてもよく出来たプログラムで、共通しているフォロソフィは、

  • 筋力強化がすべてではない
  • よりよいフォームが効率のいいスイム、ランが可能になる
  • 結果として故障も少ない
  • 体幹部の動きを基本にしている
  • メソッドが、とても具体的でよく考慮されている

が、自分のような中年に向いているし、トライアスロンにも向いていると思うのです。

スイムとランのスキルを上げていくこの二つを同時に行っていくのは、身体能力向上の相乗効果も期待できるし、ランだけに偏ったトレーニングするより、集中力が続くし、故障も少ないのは明か。どちらか挫折しても、ゼロではなく、どちらかにプラスになるし。

ただ闇雲により長く、早く、遠くへといった量中心のトレーニングではなく、より身体の声を聴いて計画(plan)、実行(do)、評価(check)、改善(act)のPDCAプロセスをしていこうと考えています。運動も仕事のフレームワークが機能するはず。これは、GoogleカレンダーとiPhoneを活用

Chirunningの和訳本は、一冊出ていますが、他の教材はすべて英語です。ラン関係の英語ボキャブラリ増やしたい理由(今後のプロジェクト)もあり、Chirunning関係の英語の書籍、DVDをいろいろ読破していくとか、運動以外にも興味が広がっています。

いままでは、レース参加決めたら何となく継続的に走るトレーニングをしていただけでした。今年は、これで行きます。

このプロセスで、心拍数、ラン走行データをポラールとiPhoneでデータをとりパフォーマンス評価、無線LAN体重計BodyScaleなどのおもちゃもおもしろがりながら活用していきます。

2010年はおもしろくなってきた!


スポンサーサイト
2010.02.07 Sun l Run l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。