上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は、筋水館さんでスイムのレッスンを受けてきた。

ゆっくり伸びのある泳ぎと
ブレス

をフォーカスした内容でした。

ゆっくりしたリズムで泳ぐためにスイム用のメトロノームを使った練習でした。

tempo-top.jpg

500円玉を二回りくらい大きくしたモジュールをゴーグルのバンドで耳の上の辺に挟むと、
泳いでいる間に設定したリズムが、ぴっ、ぴっと鳴り続けます。

確かにこのリズムに集中していると

ゆっくり、ゆっくり泳ぐことが出来ます。これはとてもいい練習ツールになりますね。

こういう道具が登場すると、がぜん好奇心がアップして、ますます面白がっちゃう性格。
効果的でした。

そのリズムが出来た上で、入水後の腕の角度が深すぎているので、
入水後もっと水面に近いところで伸びることが出来るように練習

さらに水中での息の吐きは、息を吸う直前にだけしていたので、タイミングが難しくなっている
息継ぎした後に、水中でまず一回鼻から吐くように修正したら、息がもっとちゃんと吸える様になりました。

ただ息継ぎが、全体のリズムを崩しているので、首の回し方、方向を修正をしました。伸びの腕が深い方向に行っていたので、首が回しにくくなっているとの指摘は、その通りで、もっとストリームラインを水平にすれば、息継ぎの首の回りも楽に出来るはずと頭で理解できました。

とにかく息継ぎがもっとスムーズに確実に酸素補給できれば、もっと距離が泳げるようになるはず。

息継ぎの練習粘り強く繰り返そう!

スポンサーサイト
2010.03.27 Sat l Swim l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yazzzz.blog48.fc2.com/tb.php/70-640cb194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。